SDGsSDGsへの取り組み

sgds

SDGs(持続可能な開発目標)とは

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、2016年から2030年までの国際目標で格差の問題、持続可能な消費や生産、気候変動対策を含む全ての国に適用される普遍的な17の目標と169のターゲットから構成されています。

JAPAN SDGs Action Platform
(外務省:外部リンク)

持続可能な開発のための2030アジェンダと
日本の取組(外務省国際協力局発行:PDF)

厚生住宅建設(株)は省エネルギー・高性能住宅の普及促進を通じて、「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献していきます。

厚生住宅建設(株)は、この理念ならびに目標に賛同し、事業を通じてその実現に貢献していきます。お施主様やパートナー様、地域の皆様と協力しつつ、私たちにできることを考え、真摯に取り組んでいきます。

新築住宅「大人な家」シリーズ

厚生住宅建設(株)の提供している「大人な家」は省エネ商材を提供し、断熱効果を生む工法を推奨し標準化としています。また全棟に呼吸する無垢材を使用、そして構造は耐震等級3を目指し、ヒートショックの無い家、住む人が健康で安心安全に暮らし幸せを創る家。見えない所にこそ徹底的にこだわり、性能を高めていくことで命を守る住まいづくりを実現しています。

「大人なリノベーション」
からのまちづくり

私たちは『地域ビルダー』として、高性能な家造りを通し安心なまちづくりを進めます。
また、メンテナンス事業として住まいの維持管理 『ハウスドクター点検』 の実施により大切な資産を守り、新生活提案『大人なリノベーション』により住まいを守り続けられるように保持し、末永く住み続けられるまちづくりを目指し、地域・社会の活性化に貢献してまいります。

充実の研修・人材育成制度

住まいづくりを通してお客様に『感動』を提供し、社員全員で『物心両面の幸せ』を実現する。そのためには各部署の協力と連携が不可欠です。厚生住宅建設(株)ではチームC&Oとして不動産、建築の専門知識や技術を習得する教育だけでなく、人間力を養う教育、価値観共有やチームワークを重視し、社員一人一人の内面的成長にも力を注いでいます。 社員の人間力や創造性を高めるための各種研修制度を通して社会のお役に立てる人財を育成し、ディーセントワークを推進してまいります。

やりがいを創りだす様々な働き方を実現

厚生住宅建設(株)では、女性スタッフも活躍しています。男性中心の建築住宅業界ですが、女性の感性やきめ細やかさは住まいづくりをより優しく感動あふれるものにします。
働きやすい社風や社員全員が活き活きと活躍できる環境を実現することは、これから最も大切な取り組みの1つだと当社は考えています。
性別や人種を問わず、お互いに支え合い、仕事のやり甲斐や社会への貢献活動を通じて、一人ひとりが輝く会社を目指してまいります。

パートナー業者様との連携
チームC&Oを目指して

厚生住宅建設(株)の事業である建設、不動産においてパートナーシップは非常に重要です。取引関係にあるパートナー業者様との関係をより強化しなければ、基本理念である「住心道一筋 笑顔とよろこびの為に」は成し得ないと考えています。 一時的な関係性ではなく、チームC&Oのメンバーと考え長期的なパートナーシップの構築を目指し、お互いが協力しあい社会に役立てる事業を提供します。

今後はパートナー業者様による、グローバル人財の受け入れ体制の構築も含め世界とのパートナーシップを強化してまいります。